劇団スターパイレーツBlog
劇団では役者やスタッフを随時募集しています。HPもありますので、どうぞご覧ください。次回公演に向けてただ今稽古中!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稽古場風景
日頃の稽古も欠かせません。練習用の台本を手にし、掛け合いの練習や間の練習をします。

表現者としてまずは読解力も必要です。そこに書かれている内容をいかに把握してセリフに出来るか。また、ただ読むだけではなく感情やその場の流れも感じ取れるかが大事です。

DSC03777.jpg

演技力はあるにこしたことはありません。いろんな練習方法を用いて自分の基礎を磨いていく。
まずは柔軟をし、楽器であるからだをほぐす。そして発声だ。簡単だが、だからといってあなどれない。

DSC03779.jpg

あめんぼのうたは覚えてしまえばあとは楽。その他にも発声方法はいろいろある。何をするかはその時次第。
先ほども出てきたが、芝居がうまい人は「間」がうまいのである。

お客さんにうまく息を吸わせることが出来る演技、息を止めさせる演技。
つまりお客さんの呼吸をコントロールできるようになれば大したものだ。

DSC03778.jpg


自分では意外と判らないものだ。もしくは判っているつもりで出来ていないのが現状だ。
だから第3者的な目が必要なのである。もちろん自分で判ればそれにこしたことはない。


様々なテキストを用いて、時間のある限りいろいろとやる。
いろんな練習をして、自身を鍛える。そんな稽古だ。


自分自身の為に、吸収して自分のものにしてもらいたいからこそ、稽古をするのである。



テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://stapa.blog107.fc2.com/tb.php/1834-afdd9ced
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。